怪我をしたらアイシングバッグで冷却が基本

   

スポーツ選手なら一度は経験があると思われる代表的な怪我に捻挫が挙げられます。捻挫はアイシングバッグ等を用いて冷やすことが鉄則です。患部を冷やすことにより筋肉の腫れを鎮める効果が得られます。捻挫等の炎症を防ぐ処置のことをRICE処置と言います。RはRestの安静、IはIceの冷却、CはCompressionの圧迫を意味し最後のEはElevationの挙上を意味します。そこでも分かるように冷やすことは最重要項目に挙げられます。適切なアイシングを行うことで捻挫などのけがの回復経過に大きな違いが発生します。もし捻挫してしまったら取りあえず患部をすぐに冷却し病院での診察を受けましょう。

応急処置でのアイシングの方法

間違った知識でのアイシングでは最悪の場合、逆効果になったり効果が半減してしまいます。適切なアイシングは怪我の部位と怪我をした時の状況に応じて冷やす時間と方法を調整することが必要です。適切に処置を施せば酷く腫れたりすることが防げます。
怪我をした際に使う氷は身近にある冷蔵庫の氷を5から10個で構いません。氷はマイナス20度になることもあるためアイシングバッグに入れたものを直接患部に当てるのではなく、濡れたタオルなどでくるんで間接的にし温度を調整しましょう。濡れたタオルを使うのは温度の調整が取りやすく適切な温度にしやすいためです。凍傷になることもあるので注意が必要です。時間の目安は15分です。骨折の疑いがある場合は20分程度のアイシングを施しますが30分以上のアイシングは血小板や白血球の損傷を招くので厳禁です。

RICE処置に沿ったアイシング方法

怪我をした場合、まずは安静が必要です。ただし安静にしているだけで治るわけではなく更に処置が必要なので放置することはやめましょう。あくまで痛みを感じにくい姿勢をとれる場所に移動することが大切です。
そしてアイシングをします。患部を放置していると炎症を起こし腫れを引き起こします。適切にアイシングを行いましょう。次に患部の圧迫をします。内出血と腫れを最小限に抑える効果が期待出来ます。怪我をして直ぐは柔らかく伸縮性のある包帯を巻くのがベストです。アイシングをする際、あるいは就寝時は心臓より高い位置に患部を上げます。こうすることで重力により内出血を抑え腫れを鎮めることが出来ます。患部が足首の場合、ずっと足を上げておくのは辛いので椅子や台の上に足を置きます。